2012年6月30日土曜日

癒しのワイン「マルサネ・レゼシェゾ」

今宵は非常に機嫌が良い。

期待したものがその通りに応えてくれたからか。
いや、それ以上のパフォーマンスを見せてくれたからだろう。
やってくれるではないか、フィリップ・シャルロパン。

やはり期待通りだ。

君は私を決して裏切らない。
かれこれ長い付き合いになるが、やはり最も信頼のおける人物の一人である。

最近はブルゴーニュワインが高い。
ヴィンテージに限らず、「それなり」を求めると、値段はそれなりでは済まない。
だが、私はふとブルゴーニュが飲みたい衝動にかられる。
それは何も最高級を味わいたいわけではない。ほっと一息つきたい。
ブルゴーニュに癒しを求めているのだ。


『マルサネ・レゼシェゾ』。
シャルロパンの造るこの地味な村名ワインこそが、
私の癒しとなりその期待に応えてくれる身近な存在だ。

新しいヴィンテージがリリースされる度に、ニヤニヤしながらグラスに注ぐ。
「わかっているよ。今年も美味しいのだろ?そうだろう?」
と高揚する気持ちを抑えながら。

今宵は、待ちに待った2009年。
そう、所謂グレートヴィンテージだ。
それも「神に祝福されたヴィンテージ」と称されると聞くではないか。

ピノ・ノワールにしては色が濃い。
透明感のある赤紫色だ。
ふむ、香りも悪くない。
色ほど印象的ではないが、木イチゴを思わせる
赤系果実のほのかなアロマ。

そして、口に含む。
色から想像した果実味とは一味違う。
ピュアなブドウのエキスを感じる、優しい味わいだ。

これもきっと彼の信条「自然なワイン造り」の賜物だろう。
除草剤、化学肥料、殺虫剤を使わないブドウ栽培。
厳しい自然を生き抜いたブドウだからこそ出せる優しい味わい。

最初は、こちらの様子を伺うような控え目な感じだが、
1時間も経たないうちにどんどん期待に応えてくれる。

はじめは目立っていた酸味が、果実味と見事に融合。
まろやかな口当たり。口中からじわじわとブドウの旨味が染み出てくる。
これぞ、体中がゆっくりと癒される至福のひと時だ。


「よしよし、これだこれ!これを待っていたんだよフィリップ。
焦らしてくれるじゃないか。」


 シャルロパンを愛弟子にした、かの有名なアンリ・ジャイエもきっとそう思ったに違いない。


「あぁ、シャルロパンよ。今宵も君に癒された。心より感謝する。」


 

▼今回紹介したワイン▼
2009 マルサネ・レゼシェゾ/シャルロパン・パリゾ 5,250円
                                                                                             

0 件のコメント:

コメントを投稿