2012年7月22日日曜日

夏の楽しみ「シャブリ」の季節


夏が来る。

ギラギラ光る太陽に、真っ青な空。
上昇する気温に反比例して、冷たいものを体が欲する。
キリリと冷えたシャンパーニュなんて最高だ。
グィッと飲めば瞬く間にクールダウンできる。

だが、シャンパーニュだけでは物足りない。
この夏を乗り切る為には、もうひとアイテム必要だ。

そう、体が欲している。キリッと引き締まった清涼感溢れる辛口の白。
そしてミネラルたっぷりのあのワイン。
やはり夏には『シャブリ』が欠かせない。

シャブリと言えば、真っ先にラブノーやヴァンサン・ドーヴィサの名前が出てくるだろう。
しかし我々は、もっと身近に素晴らしい造り手がいることを忘れてはいけない。

 『ダニエル・ダンプ』

ドメーヌは2つの著名な1級畑、ヴァイヨンとコート・ド・レシェの2つの丘に挟まれたシャブリ地区のミリー村に位置する。ミリー村で最も古い歴史と名声を誇ってきた伝統ある生産者だ。
所有する30ヘクタールの畑のうち、16ヘクタールが村名、14ヘクタールが1級畑である。
ダニエル・ダンプに1級畑を造らせれば、右に出る者はいないと言われる一目置かれた存在だ。





実は、幸運にも1990年の1級畑を飲む機会があった。
ダニエル・ダンプの熟成ワイン。なんとも貴重な体験だ。

率直に言おう。
ずばり、「素晴らしい」の一言に尽きる。

一定レベルを超えた質にだけ与えられる、
美しい熟成と未だに息づく酸、蜜のような味わい。   
熟成の可能性を大いに秘めた、偉大な作り手であるということを再確認させられる。

聞くところによると、2008年、2009年、2010年ヴィンテージには、
この1990年のような素晴らしい熟成ワインになり得る可能性が十分にあるという。

なるほど。
これはいい話を聞いた。
今のうちに手に入れておこう。是非ともケースで確保したい。

さて、熟成ワインはまたの楽しみにするとして、
暑い夏にはフレッシュなシャブリを頂こう。




輝くようなグリーンがかったゴールド。
そして、ライムや洋梨の柑橘系のアロマ。

とても食欲がそそられる香りだ。
そして、吸い寄せられるように、口に含む。

雑味のないクリーンな味わい。
ブドウをそのまま口に含んだような、生き生きとした果実味。
そして、全体を引き締めるシャープな酸と、それらをしっかりと支えるミネラル。

このシャブリ特有の味わいが、とても楽しみである。
夕日を見ながらテラスで飲みたい。

さぁ、今年も夏がやってきた。
シャブリの季節だ。


▼今回ご紹介したドメーヌはこちら▼

▼今回ご紹介したワインはこちら▼
2010 シャブリ・プルミエ・クリュ・レ・ヴァイヨン/ダニエル・ダンプ 5,250円


                              

0 件のコメント:

コメントを投稿