2012年8月25日土曜日

幸せな気持ちになれるワイン「ヴォーヌ・ロマネ・ボシエール」

最近しみじみ感じる。

ワインは実に飲むその時まで、その魅力の真価は決してわからない。

一度、あるヴィンテージを飲むと、
まるでそのワインと造り手を知ったかのような気になるが、
それはあくまで、うわべだけのことに過ぎない。

毎年、同じ畑で同じ人が造ろうとも、同じ天候になることは決してない。
毎日成長するブドウから、全く同じブドウが収穫されることもまずない。

同じワインは2度と造られない。

開けてみて初めてわかる、その出来具合。
この特別感こそがワインの醍醐味であり、難しさでもある。
だが、そんな気難しさがあるからこそ、
グラスの中で華やかに輝く、まるで命を吹き込まれたかのようなワインに感動を覚える。

ドメーヌ・ジャン・グリヴォが造る「ヴォーヌ・ロマネ・ボシエール」。























まさに、このワインが私に感動を与えてくれた。
いや、感動と言うと少し大げさだ。嬉しさとでも言おうか。


ジャン・グリヴォはヴォーヌ・ロマネに本拠地を置くブルゴーニュの名門ドメーヌ。
主に、ヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュに畑を所有し、
所有する畑の半分以上がグラン・クリュ(特級畑)やプルミエ・クリュ(1級畑)という
最良のテロワールを誇っている。


















畑もリュット・レゾネ(減農薬法)方式で管理し、テロワールを最大限に表現できるよう、
人為を排して自然に近い形で、栽培、醸造を行っている。

















昔飲んだ記憶が正しければ、ジャン・グリヴォのワインは果実の凝縮感、
そして濃厚なアロマが印象的であった

どの畑の何年ものであったのか、その記憶があいまいであることが嘆かわしい。

だが、今回はそのあいまいな記憶が鮮明に塗り替えられる程、
この「ヴォーヌ・ロマネ・ボシエール」は輝きを放っていた。

それゆえに、本来ならば自分の想像と違い、裏切られたと感じるところだが、
不覚にも喜んでしまった。


透明度の非常に高い、赤みを帯びた紫色。
ツルンとした光沢のある輝き。
あまりの透き通った美しさに、グラスを何度傾けて目を凝らしたことか。





まるで搾りたてのブドウのようなフレッシュなアロマ。
つい、最近まで緑が生い茂る畑の中で房となっていたブドウを
そのまま持ってきたかのような瑞々しさがある。

口に含むとスーッと滑らかに流れ込む。
一切雑味を感じない、洗練されたピュアな味わい。

ブルゴーニュワインに見られる、若いヴィンテージ特有の酸味がなく、
抜栓直後から穏やかで愛らしい。

素直に真っすぐと育った、そんな自然な印象だ。

一口、飲むたびに嬉しさが込み上げる。
「知らなかったぞ!こんなに美味かったなんて!」

いつの間にか、心の中でスキップを踏んでいた。
なんだか得した気分である。


『幸せな気持ちになれるワインを造りたい。』
当主、エチエンヌ・グリヴォ氏の想いは、しっかりと私の胸に届いた。



▼今回ご紹介したワイン▼
2008 ヴォーヌ・ロマネ・ボシエール / ジャン・グリヴォ 7,350円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=0209433213A8&bunner_id=wn

▼ドメーヌの紹介はこちら▼
ジャン・グリヴォ
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/list.php?special=ZB&bunner_id=wn

0 件のコメント:

コメントを投稿