2012年9月21日金曜日

体を癒す甘口ワイン「ミュスカ・ド・リヴザルト」

季節の移り変わるこの時期、自然界のあらゆるものが変化する。

その影響か、空気の匂いにどこか自然のぬくもりを感じる。
体が癒しを求めている。
夏の暑さに疲れた体に、染みるような癒しが欲しい。

そんな中、まさに求めていた1本に出会った。

『ヴァン・ドゥ・ナチュレール』だ。

ラングドッグ地方のルーション地区、AC生産地区にてミュスカ種100%で造られる
天然の甘口ワイン。

その中でも、ルーション地区モーリーで長い歴史と最大の規模を誇る、
ワイナリー「マ・ザミエル」のミュスカ・ド・リヴザルトが実に素晴らしい。





















200年前にアミエルファミリーが興したのがワイナリーの始まり。
ワイナリーの名前、MAS AMIELは「アミエルの家」を意味しているという。
ルーションらしい、岩山を背後に約170haの畑が広がる様は、なんとも雄大な景観である。














そんな、大自然に囲まれたラングドックの地で造られる、ミュスカ・ド・リヴザルト。
その味わいは、実にチャーミングなのだ。

透明感のある薄いクリアな黄色。
だが、その色からは想像も出来ない程、芳醇なアロマが顔を出す。






















ハチミツや洋梨のコンポートのような甘い香り。
そしてレモンやマスカット、グレープフルーツを思わせる瑞々しい果実のアロマ。
香りに酔いしれながら口に含むと、これがまた心地良い。

フワッと華やかなアロマが体中に染みわたり、まるで自然の優しさに包まれるような感覚。
華麗な技に、思わず心を奪われる。

一瞬のサプライズの後は、とても綺麗に引き下がり、
甘口ワインでありながらも、後味はスッキリとしている。

なんとも理想的なスタイルである。

これは面白いワインに出会った。

週末は、日差しが優しく照らすテラスで味わうとしよう。
天然の甘味に、じっくり癒されようではないか。


▼今回ご紹介したワイン▼
2008 ミュスカ・ド・リヴザルト / マ・ザミエル 3,150円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=5170842523A8&bunner_id=wn2

▼秋薫る白ワイン特集▼

http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/list.php?special=AN&bunner_id=wn





0 件のコメント:

コメントを投稿