2012年10月18日木曜日

優雅なおもてなしシャンパーニュ「グランド・セレクション・ブリュット 」

パリの名門「レストラン・タイユヴァン」。

1946年、凱旋門に近いパリ8区にオープンして以来、
パリで最も予約の取れにくいレストランとして、美食家たちを唸らせてきた。
料理、サービスはもちろんのこと、ワインのコレクションが高く評価されている。
















1973年、2代目のジャン・クロード・ヴリナ氏はレストラン業の傍ら、
自らフランス全土をくまなく歩き回り、ワイン生産者の元を訪ねては自分の目と舌で確かめた
クオリティの高いワインを買い付けてきた。

並みならぬワインへの情熱。
そして生産者にとって、自分のワインが選ばれることは最高の名誉なのである。

タイユヴァンラベルのワインを一度口にすると、
彼のワイン選びのセンスの良さが伺える。

この重厚かつ優雅な名門レストランのハウス・シャンパーニュとして、
数々のゲストを感動させるシャンパーニュをご存知だろうか。

その名も「グランド・セレクション・ブリュット」。






造り手のドゥーツは170年以上もの歴史を誇る老舗メゾン。
生産量の約40%はフランス国内のレストランで消費されるという為、
日本では中々お目にかかれない。所謂、知る人ぞ知るシャンパーニュなのである。

洋梨やリンゴ、そして熟したトロピカルフルーツの芳醇なアロマ。
そこにほんのりイースト香や、ナッツの香ばしさが加わり複雑な印象を与える。
泡はキメ細かく繊細で美しい。

その泡からは想像もできないほど、しっかりとした味わい。
存在感のあるミネラルが口中で広がりを見せ、キリッとした酸が全体を引き締める。
奥行きと広がり、そしてラストへ続く余韻が非常に美しい。

何事にも動じない、しっかりとした芯のある存在感だ。

さすが。名門レストランに相応しい、堂々たる風格。
タイユヴァンが特注で造っているということにも、納得がいく。

まさに人の心を動かす1本。

特別な空間で大切な人とじっくり味わいたいものだ。



▼今回ご紹介したワイン▼
グランド・セレクション・ブリュット [タイユヴァン・ラベル] [ボックス付] /シャンパーニュ  6,300円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=0371001073X0&bunner_id=wn4










0 件のコメント:

コメントを投稿