2012年11月17日土曜日

研ぎ澄まされたサンジョヴェーゼの魅力「モンテヴェルティネ」

個人的に好きなワインは何か?
と聞かれれば、私は迷わず「ブルゴーニュワイン」と答えるだろう。


ここだけの話、ブルゴーニュのピノ・ノワールに関しては、
これを越えるワインは存在しないと心の底で信じている。

だが、ただ一つ、あるワインが頭をよぎる。


「モンテヴェルティネ」。








 
















そう、イタリアワインだ。

ブルゴーニュワインかと間違える程に、香り高く繊細。
誰もが、このワインがサンジョヴェーゼから出来ていることに驚くであろう。

事実、私もその予想外の出来栄えに驚いた一人である。

イタリア、キャンティクラシコ中央部ラッダに存在するモンテヴェルティネ。
標高が高く、冷涼な気候ラッダのギリギリの気象条件からは、
贅肉のない研ぎ澄まされた美しいワインが生み出される。


















ワイナリーの始まりは1967年。鉄鋼業を営んでいたセルジオ・マネッティ氏が
週末を過ごすためのカントリーハウスとして土地を購入したことに始まる。
趣味で始めたワイン造りの虜となり、本業を売却しワイン造りに専念することになったのだ。

15haのブドウ畑は家のすぐ目の前。
栽培も醸造もすべて目の届く範囲の小さなエリアで行なわれている。






 

サンジョヴェーゼの旨みを余すことなく取り出し、
自分の思い通りのワインを造ると言うことに、とても強いこだわりを持っている。

その結果、敢えてキャンティ・クラシコを名乗らない、
キャンティの枠を超えた独自の地位を確立した。

「イタリア最高峰のワイン」

モンテヴェルティネの造るワインはそう呼ばれている。

トップ・キュヴェであるレ・ペルゴーレ・トルテがいかに素晴らしいかと言うことはさておき、
世のワインラヴァーの人々に、もっとこの「モンテヴェルティネ」の存在に
注目して欲しいと私は考える。

高嶺の花であるレ・ペルゴーレ・トルテに対して、
このモンテヴェルティネはもっと気軽に私に振り向いてくれる。

気高く、上品でありながら親しみやすい。
何よりの魅力だ。

赤い果実の優しいアロマに、花の香り。
澄みきったタンニンにきれいな酸。
滑らかな舌触りの後、ピュアな果実味が心地よく喉を広がる。

香りに酔いしれながら、穏やかな時間が流れる。

「幸せだ。」

気がつくと、そんな言葉がこぼれた。

至福のひと時は、意外と身近にあるのかもしれない。
























ご紹介したワインはこちら▼
2008 モンテヴェルティネ / モンテベルティネ  5,250円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=0450710013A8&bunner_id=wn6


▼ご紹介したワイナリーはこちら▼
モンテヴェルティネ
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/list.php?special=PI&bunner_id=wn6








 



0 件のコメント:

コメントを投稿