2012年12月26日水曜日

人生が詰まったワイン、チェルバイオーナ


-------------------------チェルバイオーナ 誕生秘話。からの続き-------------------------------------


1983年、元パイロットの夢が叶い世界にリリースされたチェルバイオーナの
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。

それから29年の時を経て、今年入荷したのが2007年ヴィンテージである。
ワインの歴史において、29年という歴史は決して長いものではない。
しかし、ワインを一人の男性の人生に置きかえると、29年という歳月は非常に長い。
ましてや後継者のいないワイナリーにおいて、29年の歳月は一体何を意味しているのであろうか。

自分にしか生み出せないワイン造り。
造り手ディエゴ・モリナーリ氏がその土地、その場所にいるからこそ誕生するワイン。

それが、まさにチェルバイオーナのブルネロ・ディ・モンタルチーノである。

土地と気候、ブドウと造り手が一体となった、
ディエゴ・モリナーリ氏の『分身』と言ってもいいのではないだろうか。







2007年は2006年と肩を並べる優良年と評される。
その味わいは明確に異なり、
強靭でパワフルな2006年に対し、2007年は驚くほどエレガントで透明感溢れる味わい。

これまでの、濃密でスパイーシーな印象であった、
チェルバイオーナのイメージをガラリと変えた。

まるで花束を抱えているかのような、エキゾチックなアロマ。
ダークチェリーやプラム、スパイスのニュアンス。
凝縮した果実味が非常に強いインパクトをもたらし、
大きく包みこまれるような贅沢なフィニッシュへと導いてくれる。

一度飲んだら忘れられない、虜になる味わい。
2007年はどこか余裕すら感じさせる、優雅さをまとっている。

ディエゴ氏のワインに対する愛情、そして彼を支えるノラ夫人の愛を感じる、
そんなディエゴ氏の人生そのものが詰まったワインだからこそ、
我々はこのワインに魅了されてしまうのかもしれない。


















チェルバイオーナに後継者がいない事は、我々にとって悲しむべき事実だ。
だが、ディエゴ氏の新しいヴィンテージのワインを、
今こうして味わえることは、何ものにも代えられない幸せである。

大好きなタバコも辞めたというディエゴ氏。
まだまだ我々ワインラヴァーの為にも元気に長生きし、
素晴らしいワインを世に送り出して欲しいものである。



ご紹介したワインはこちら▼
2007 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ / チェルバイオーナ  16,800円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=0466001513A7&bunner_id=wn7









0 件のコメント:

コメントを投稿