2013年12月30日月曜日

20年の時を経て、色褪せぬ輝きを放つ魅惑のシャトー、グリュオ・ラローズ。




何ごとも、若ければ若いほど良いとは限らない。

人間、特に我々日本人は「若さ」がある一種の特権のように
使われることがあるが、欧米では「年を重ねた美しさ」を重視する傾向にある。

「若い=未熟」であり、「年を重ねる=様々な経験により魅力を増す」と考えられている。

私は、この欧米の価値観に同調する。
このことを最も身近に感じることができるのは、やはりワインの存在であろう。

若さ(フレッシュさ)を売りにしたワインが多く存在することは事実であるが、
ワインそのものの本質に迫った時、最大の魅力は「年を重ねること」、
つまり「熟成」にあるのではないかと私は思う。

そして、この事実を証明するに相応しいワインが、ここに存在する。

その名も『シャトー・グリュオ・ラローズ 1993年』。






シャトー・レオヴィル・ラスカーズやシャトー・レオヴィル・ポワフェレなど、
人気の高い格付けシャトーがひしめくサン・ジュリアンの中でも、
ひと際輝きを放つシャトー、グリュオ・ラローズ。
















1級シャトーや、レオヴィル・ラスカーズのような華やかさはないものの、
サン・ジュリアンのテロワールを余すことなく表現しており、
どのヴィンテージも安定したクオリティを誇る、信頼のおけるシャトーとして、
長年ボルドーファンから愛されてきた。

ラベルに記されている、“LE VEN DES ROIS  LE ROI DES VIN” 「王のワイン、ワインの王」
という言葉は、1778 年に死去した初代オーナー、グリュオ氏の娘婿であり、シャトーを引き継いだジョセフ・セバスチャン・ド・ラ・ローズ氏が名付けたものである。
上流階級の社交界において、グリュオ・ラローズを人々に紹介するためのスローガンであったと言われている。

ラローズ氏の社交界での活躍もあり、グリュオ・ラローズは、
各国の宮廷や貴族たちの間で人気を集め、
1855年の格付け当時は、1級シャトーに次いで高い価格で取引されていた。

















グリュオ・ラローズの最大の魅力は、その力強さとフィネスのバランス、
そしてなんと言っても、長期熟成に耐えうる長命さである。

熟成を経るごとに、肉厚で濃厚な果実味はビロードのようなキメ細かさのある
なめらかな舌触りへと変化する。
硬質な酸は、緊張が解れたかのようにエレガントさを帯び、
豊かなタンニンは、甘みを帯びた穏やかな余韻へと導いてくれる。

“ワインの王”の名に値する貫禄を感じさせる、余裕のある熟成感。
まさに長い歳月をかけてこそ、その真価を発揮する、驚くべきシャトーである。

 














そして、1993年ヴィンテージ。
来年、20年の熟成を迎える記念すべきヴィンテージだ。

ローズマリー、タイムの香りに白コショウのスパイス。
燻したハーブ、オリーヴに土やトリュフの香り。
グラスに注いだその時から、20年の歳月が次から次へと姿を現す。

煮詰めたカシスやチェリーを思わせる赤系果実のアロマと、
角の取れたしなやかなタンニンが見事に調和する。
複雑に絡み合うアロマが、我々の想像力を掻き立てる。
この20年、どのように過ごしてきたのだろうか。
じっと静かに眠っていたのか、はたまた荒れた時もあったのであろうか。

そうこう想像力を働かせているうちに、
穏やかな果実味が、うっとりするような心地よい余韻へと導いてくれる。

20年の時を経てもなお、色褪せない美しさ。
むしろ20年の月日があったからこそ、今の輝きを放っているのかもしれない。

若いヴィンテージでは味わうことのできない、熟成ワインの醍醐味。

20年苦楽を共にした、愛すべき人と味わいたい、実に奥深い1本である。


▼今回ご紹介したワインはこちら
1993年 シャトー・グリュオ・ラローズ    15,750円
                             







2013年12月26日木曜日

愛され上手な三男「シャトー・ダルマイヤック」



幾度も名が変わりながらも人々に愛され続けているワイン。
そんなワインがあることをご存じだろうか。

その名も、「シャトー・ダルマイヤック」。

シャトー・ムートンを擁するバロン・フィリップ社が
ポイヤックに所有しているシャトーであり、
クレールミロンが次男、そしてこのダルマイヤックが三男と称されている。



人間で言うところの三男のキャラクターとは、一般的に溌剌として人懐っこく憎めない。
愛され上手でなぜか一番世渡り上手だったりもする。
そしてこの三男も、その愛され上手の気質を備えていることに、
我々は気付かされることになるのだ。




ダルマイヤックのシャトーは17世紀終わりごろ建てられたが、
当初はまだ高名なシャトー・ムートン・ロスチャイルドの傘下には入っていなかった。
当時格付け第2級だったシャトー・ムートンを格付け第1級に格上げさせた功労者でもある
フィリップ・ド・ロートシルト男爵がダルマイヤックの畑に魅力され、
1924年から畑のごく一部を手に入れ始め、1933年に全ての畑を買収した。

その当時ダルマイヤックはムートン・ダルマイヤックという名称だった。






その後時代の変遷とともにシャトー・ムートン・バロン・フィリップ、
そして現在のシャトー・ダルマイヤックと名を変えていく。
















現在、その名が記されたラベルに描かれている“バッカス(酒の神様)”の
オリジナル作品は、ムートン・ロスチャイルドのワイン美術館に所蔵されており、
ムートンがいかにこのワインを大切にしているかと伺い知ることができる。
まさに、時代を超えて愛されてきたワインなのだ。

 




















さて、そんな歴史に思いを馳せながら飲んでみるとしよう。


一口含むと、さっそく黒果実などの甘みのある香りに惹きつけられる
2008年とまだ若いヴィンテージながら、濃密な香りが立ちあがり、
周りの空気を一気に陽気に変えた。
口に含むと一気に広がる旨味。
溌剌とした果実感がありながらも滑らかで、なんとも親しみやすい味わい。
力強いブドウの凝縮感と程良い酸からは、長期熟成出来るポテンシャルを感じる。

ここまでくるとシャトー・ムートンが関与していようがしていまいが、
この魅力的で美味しい1本に出会えたことに意味がある…
そんな思いすら抱かせるワイン、シャトー・ダルマイヤック。

この溌剌とした三男も年数を重ねるごとに大人になっていくのだろう。
ふと親心のようなものが湧いてくる。


次会う時はどんな成長ぶりを見せてくれるのだろうか・・・

長い月日をかけてその変化を見守ろうではないか。


今回ご紹介したワインはこちら
2008
年 シャトー・ダルマイヤック    税込 6,300
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?codehead=&shohincode=0100202013A8&bunner_id=wn23

2013年12月11日水曜日

長年愛され続ける、ボルドーの実力派シャトー「グロリア」。

体の芯まで冷えるような、寒いこの季節、
部屋に籠ってじっくり飲みたいのは、やはりボルドーの赤ワインである。

それも、じっくりと時を重ねて、じわじわと旨味を増した、
今まさに最高の状態にある、味わい深い赤ワイン。

グラスを傾け、時の経過に想いを馳せて、ワインとじっくり語り合おうではないか。

「シャトー・グロリア 2002年」

まさにこの季節にピッタリの1本だ。



「シャトー・グロリア」、ボルドーワインを嗜む者であれば、
一度はどこかで耳にしたことのある名前であろう。

そう、クリュ・ブルジョワでありながら、
格付けシャトー並みの高品質を誇る、実力派シャトー。

黒系果実の華やかなアロマに、スミレやミントのような清涼感溢れる香り。
主張しすぎない上品な果実味に、タンニンは柔らかくしなやかな味わい。
古き良きボルドーワインを感じさせる、クラシックなテイスト。

ヴィンテージの良し悪しに関係なく、安定した味わいで、
長年愛されてきた無くてはならない存在である。

シャトー・グロリアは、なぜ我々に安心感を与え、愛され続けるのか。
それには、このシャトーの秀逸なテロワールが関係している。
















長年、サン・ジュリアン村の村長を務め、今日のメドックにおいて、
「伝説の男」と称される、故アンリ・マルタン氏。
彼がサン・ジュリアンで数々の特級シャトーから土地を集め、
作り上げたのがこの「シャトー・グロリア」である。

1942年、僅か6ヘクタールの畑から始まったシャトー・グロリア。
格付けシャトーの所有畑がひしめき合うメドックにおいて、
新たなシャトーを作るなど至難の業であった。

しかし、アンリ・マルタン氏は、自身のこれまでの活躍を武器に、
名門シャトーから信頼を勝ち取り、畑を譲ってもらうことに成功したのである。
その名門シャトーの畑というのが、実に豪華な目を見張るものであった。

シャトー・レオヴィル・ラスカーズ、
シャトー・レオヴィル・ポワフェレ、
シャトー・レオヴィル・バルトン、
シャトー・デュクリュ・ボーカイユ、
シャトー・ラグランジュ、そして、シャトー・グリュオ・ラローズ。

これら錚々たる上級格付けシャトーから譲り受けた畑のブドウで、
シャトー・グロリアは造られているのだ。

シャトー・グロリアの人気を支えているのは、何もこの優良な畑に限ったことではない。
畑の数は、およそ50ヘクタール。
あらゆるエリアに点在する畑を統括するのは、並大抵のことではない。















それぞれの畑ごとに成熟度を正確に判断し、
収穫のタイミングを見計らう。
ベストな状態のブドウを収穫するために、決して手間を惜しまない。
この地道な努力があってこそ、秀逸なテロワールの良さが生かされるのである。


さて、シャトーの話はこれぐらいにして、
肝心のワインをじっくり味わおうではないか。





















11年の熟成を経て飲み頃を迎えた、シャトー・グロリア。
チェリーの甘いアロマに、ハーブの香り。
上質な熟成を感じさせる、スモーキーなニュアンスが鼻腔を刺激する。

時を経てもなおフレッシュさを帯びた果実味に、オークの香り。
タンニンはまろやかで、引き締まったボディ。
優しく寄り添うような、人懐っこいチャーミングな味わいだ。
若いヴィンテージではなかなか味わうことのできない、
角の取れたなめらかなテイスト。

これぞ長年愛され続ける、実力派シャトーの魅力。
まさにこの冬じっくり味わいたい、ほっとする1本である。

▼今回ご紹介したワインはこちら
2002年 シャトー・グロリア    税込 6,825円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?shohincode=0100305213A2&bunner_id=wn22



2013年11月25日月曜日

「素晴らしいテロワールを持つ、名門リジェ・ベレール」




私はまだワインの何たるかを知る以前は、“ブルゴーニュ”と聞くと、
「なんだか区画がたくさんあってややこしい。」と思っていた。
しかし、リジェ・ベレールの1本のワインが、

ブルゴーニュのテロワールに興味を抱くきっかけを与えてくれた。

そのワインとは、
ヴォーヌ・ロマネ・ラ・コロンビエールだ。



 




















ワインの話に入る前に、少しばかり造り手の話をするとしよう。
リジェ・ベレールの本拠地はヴォーヌ・ロマネ村で、
かの有名なグラン・クリュ、ラ・ロマネを所有している。
ラ・ロマネとは、ワインラヴァーでなくとも一度は
耳にしたことのあるであろう偉大なワイン『ロマネ・コンティ』と
土壌を分かち合うごく小さなグラン・クリュだ。
0.85ヘクタールという小規模の畑から、ブルゴーニュで
最高に高貴なワインが生み出されている。

















我々ワインラヴァーにとって、
「いつの日か、死ぬ前に一度味わってみたい。」
と願う存在の1つであり、そう簡単に口に出来るものではない。
 

そんな偉大な畑を所有する名門が手掛けるワインの1つが
ヴォーヌ・ロマネ・ラ・コロンビエールである。

ヴォーヌ・ロマネ村の集落の東側に位置するラ・コロンビエールは、
ロマネ・コンティやラ・ロマネ等、錚々たる素晴らしい畑と
垂直に並ぶ好立地に位置し、地層はグラン・クリュに似ていると言われている。
土壌は粘土質で赤茶色。鉄分が多い為、厚みのある力強さと
格調高いフィネスが特徴的だ。

 















実に興味深いのは、
テロワールと品種の特徴を最大限に引き出すため

収穫の時期を変えていることだ。

リジェ・ベレールは所有する畑の中でもラ・コロンビエールの
ブドウを最も遅く収穫している。
粘土質の畑はブドウに必要なミネラルや栄養分を十分蓄えることが出来る為、
少し遅く収穫することにより、ブドウは濃厚な果実味と
切れのある酸をもつブドウになるのだ。
それに対して、シャトーの裏手の畑は石灰質(粘土質が少なく水はけの良い土)で、
ラ・コロンビエールよりも酸やミネラルがしっかりしている。

連続した畑でもこの違い。テローワルとは実に奥が深い・・・。



 




















抜栓してから約1時間半、色はやや明るいルビー色で
ヴォーヌ・ロマネらしい香水の様なフローラルさ。
口当たりはソフトでタンニンが控えめでおとなしいが、
後味にしっかりとした果実の強さを感じる。

ベルベットのような滑らかさと赤系フルーツの香り。
優しくなりがちな村名クラスにして、エキゾチックな味わいにうれしさを覚えた。


熟成後の味わいに期待が膨らむと共に、今日はこのテロワールの魅力を教えてくれた
リジェ・ベレールに心からの敬意を込めて頂くこととしよう。


▼今回ご紹介したワインはこちら▼
2011年 ヴォーヌ・ロマネ・ラ・コロンビエール/リジェ・ベレール
 http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=0219735113B1&bunner_id=wn21


2013年10月31日木曜日

『サンジョヴェーゼ100%の情熱が造り出す、最高峰のキャンティ・クラシコ』

イタリアワインの代名詞とも言える、「キャンティ」。

トスカーナ州でサンジョヴェーゼを主体に造られ、豊かな果実味と酸味を持ち、
イタリアならではのいきいきとした味わいが楽しめる、庶民的なワインだ。

 
そのキャンティの生産地域の中でも、より伝統的にワイン造りが行われてきた地域がキャンティ・クラシコであり、「キャンティ・クラシコ」の中でも、樽と瓶を併せて2年以上熟成させ、アルコール度数が12.5%を超えるものだけが、「キャンティ・クラシコ・リザルヴァ」と呼ばれる。
 
この「キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ」の最高峰でありながら、その存在を否定するかのような深遠で美しいワインが存在する。

その名も「キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ“ランチャ”」。

 





















このワインを造るのは、イタリアで最も権威あるワインガイド、「ガンベロ・ロッソ ヴィニ・ディタリア」の2009年度版において、年間最優秀ワイナリーにも選ばれたイタリア屈指の生産者「フェルシナ」。

フェルシナはキャンティ・クラシコ地区にて、サンジョヴェーゼ100%にこだわった情熱的なワイン造りを行っている。

 











ランチャとは、畑の名前であり、キャンティ・クラシコ最高の区画である。

この区画のサンジョヴェーぜを用いて、優良年にのみ造られる特別なワインである。

フェルシナの凄いところは、「キャンティ・クラシコ」の規定に捉われることなく、あくまで「サンジョヴェーゼ100%」にこだわり続けたとこにある。

ひと昔前まで、キャンティ・クラシコと名乗る為には、白ブドウのブレンドが法的に義務づけられれていた。今もその名残があり、キャンティ・クラシコにサンジョヴェーゼ以外のブドウ品種をブレンドする生産者は多い。
 
だが、フェルシナはサンジョヴェーゼの純粋さとテロワールの良さがかき消されてしまうことを懸念し、あくまでサンジョヴェーゼ100%にこだわった。
 
ワイナリーの看板ワインでもある、この“ランチャ”は、1983年のリリース当初からサンジョヴェーゼ100%で造られていたが、実はこの時、まだキャンティ・クラシコとしては認められていなかったのだ。












「サンジョヴェーゼの純粋さ。」


この言葉が私の胸に深く残った。サンジョヴェーゼが純粋で繊細なブドウ品種であるということを、私は忘れかけていたのだ。
 
フェルシナのオーナーの一人である、ジョゼッぺ・マッツォコーリン氏曰く、
「サンジョヴェーゼとピノ・ノワールは似ている。2つとも繊細で人を誘惑する魅力がある。例えば、ピノ・ノワールにメルロをブレンドしたワインが受け入れられるか。いや、それはできないだろう。それと同じようにサンジョヴェーゼも他のブドウとは混ぜられないのだ。」
 

 
このジョゼッぺ氏の言葉には、実に説得力がある。














第一印象は、ブラックベリー、バニラやファッジの甘い香り。

そこからスパイス、シガ―、カカオなどのアロマが広がり、魅惑的な香りを引き立てる。口に含むと、シルクのようにしっとりとしたタンニンに包まれた果実味が、口の中いっぱいに広がる。

濃厚でありながら、澄みきった酸が全体のバランスを整え、
非常にシルキーでなめらかな舌触り。余韻には、コーヒーやハーブを感じさせる、
程よい苦味が残り、ワインに独特の風味を与えている。

単一品種とは思えないほど、複雑かつエレガントな味わい。
しかし、これがサンジョヴェーゼが持つ本来の魅力なのであろう。

サンジョヴェーゼ100%にこだわり続けたフェルシナだからこそ、成せる技でもある。
まさにフェルシナの真髄ここにあり。
 
これを飲まずして、キャンティ・クラシコは語れない逸品である。

 
 
▼今回ご紹介したワインはこちら▼
2008年 キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ ランチャ 税込 5,775円