2013年3月28日木曜日

南仏の魅力溢れるロゼ・ワイン、ドメーヌ・オットー★


日本人には、季節感を大切にする感性が備わっている。

春、夏、秋、冬と四季を体感できる島国に暮らし、それぞれの季節を心から楽しもうとするのは、
日本人独特の国民性であろう。

春、桜の季節になると、街のあちらこちらが鮮やかな桜色に彩られる。

サクラ色のワインとはよく言ったものだ。
この季節になると、ロゼワインをよく目にする。
踊らされているとわかりながらも、やはり季節感を大切にしたい日本人としては、
手に取らずにはいられない。
ロゼと言えども、ここは一味違う、格別なロゼを味わおうではないか。

「キング・オブ・ロゼ」

南フランス№1のロゼワイン。
その名を「バンドール・ロゼ・クール・ド・グレン・シャトー・ロマサン」という。


















南フランス、プロヴァンスに100年以上の歴史を持つドメーヌ・オット★が仕立てるロゼ。

ドメーヌ・オット★は、3つのワイナリーを所有し、
生産するワインの60%以上が国内に出荷される。
パリの高級ホテルやレストランからも絶対的な信頼を得る、
南仏を代表するワイナリーだ。

所有する3つワイナリーのうちの1つ、
シャトー・ロマサンはドメーヌを代表するワイナリー。

マルセイユの街から車で1時間ほど東の、A.O.Cバンドールのエリアに位置する
シャトー・ロマサンの畑。海から6kmしか離れていないが、四方を小高い丘に囲まれているおかげで、海からの冷たい大気をさえぎり、非常に温暖で乾燥した地域となる。

















この畑で造られるブドウは全てオーガニック栽培。
肥料は堆肥や海草など自然に由来するものだけを使用し、夏の日差しから果実を守るため、
ほど良く葉を残しながら、全体的に生い茂る葉を刈り込み、風通しをよくする。
畑の周りには、プロヴァンスらしくラベンダーやオリーブの木々が
ワイナリーと畑の隙間を縫うように植えられている。
















太陽と地中海が育んだ豊かな土地、プロヴァンスで大切に育てられたブドウは、
プレスをかけずに非常に丁寧に、そして優しく、
本当に一番美味しいブドウの果汁だけが取り出される。

そして、よりまろやかに、純粋さが高まるよう大樽で熟成される。

滑らかで柔らかい芳醇な味わい。
地中海性気候に由来する、十分にミネラルを含んだ丸みのあるボディ。
アプリコットやオレンジの柑橘系のアロマに、わずかな赤系果実のニュアンス。
大自然の恵みを受け、オーガニック&ノン・ケミカルで造られるドメーヌ・オット★のロゼワイン。

口に含むと、フレッシュな果実味を感じると共に、
はちみつのような甘味が広がり、南仏の風や太陽、陽気なムードを彷彿とさせる。

そして、ハーブやラベンダーを思わせる清涼感あるアクセントが、
全体をスッキリとした上品な辛口に仕上げている。

春の麗らかな陽気に包まれて、南仏の大自然を体感するのも悪くない。

ブドウの一番美味しいエッセンスだけを抽出した、エレガントなロゼ。

これぞ、まさに「キング・オブ・ロゼ」である。





▼ご紹介したワインはこちら▼
2011年 バンドール・ロゼ・クール・ド・グレン・シャトー・ロマサン / ドメーヌ・オット★ 3,780円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=3472819733B1&bunner_id=wn11

〇ハーフボトルはこちら〇
2011年 バンドール・ロゼ・クール・ド・グレン・シャトー・ロマサン(ハーフボトル)
 / ドメーヌ・オット★ 2,205円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?hanbai=0&order=0&shohincode=3472828532B1&bunner_id=wn11





0 件のコメント:

コメントを投稿