2013年7月31日水曜日

「シャトー・モン・ペラ・ブラン」が放つグレート・ヴィンテージ2009年の底力

暑い夏の日差しが照りつける。
じりじりと肌に伝わる熱を感じながら、2009年のボルドーも
こんなに暑かったのだろうかと思いを巡らす。

多くのワインメーカ-が口を揃えて「最高の出来」と評する
グレート・ヴィンテージ2009年。
良く熟したブドウの、凝縮した果実の魅力を堪能することができる。
優良なのは、何も赤ワインだけとは限らない。
2009年の出来を、見事に表現した白ワインが存在する。

その名も「シャトー・モン・ペラ・ブラン」。
ボルドー白ワインの銘醸地、アントレ・ドゥー・メールにある歴史あるシャトー。





















このワインを手掛けるのは、ワインを造って10世代、250年に渡って
ワイン醸造の伝統を受け継いできたデスパーニュ家である。
「アントレ・ドゥ・メールから1級ワインを」という暑い想いのもと、
数多くの小さな無名シャトーを秀逸なワインを造り出す、優良シャトーに育てあげてきた。






彼らの手掛ける赤ワインのひとつ、シャトー・モン・ペラ・ルージュは、
「オーパス・ワンにも引けをとらない」「5大シャトーと間違える」と称賛され、
圧倒的なコスト・パフォーマンスのワインとして一躍旋風を巻き起こした。

1本3,000円台で手に入るワインが、かの有名な5大シャトーやオーパス・ワンを上回る―
どれほどの衝撃をワイン界に与えたのか、想像して頂きたい。

さて、シャトー・モン・ペラ・ルージュの話はさておき、白ワインに話を戻そう。

世界を騒がせた、超優良ヴィンテージという前情報を抜きにしても、
やはり2009年は旨い。























グラスに注ぐ瞬間から、パイナップルやマンゴーのトロピカルフルーツの
濃密なアロマ、そして青リンゴやグレープフルーツの爽快な香りが充満する。

ボルドーグラスに注いだならば、きっと後悔するだろう。
贅沢にモンラッシェグラスにたっぷりと注いで欲しいものだ。

口に含むと、オイリーで強いアタックに驚かされる。
まるで果物を食べているかと錯覚するほどのフレッシュな果実味とともに、
厚みのあるミネラルが口の中を満たしてくれる。

ほのかに香る樽香、そしてキレの良い酸がボリュームあるテイストを
見事に引き締めている。
ただ厚みがあるだけではなく、最初の印象からラストの余韻まで、
飽きることなく楽しませてくれる。

これはこれは、上出来ではないか!
思わず腹の底から声を出して称えたくなる。

コスト・パフォーマンスの高いワインは星の数ほどあるだろう。
だが、この価格帯でこれほどまでに、2009年のヴィンテージの特徴を生かし、
底知れぬパワーを感じさせるワインは、そうないのではないだろうか。

ヴィンテージの恩恵に甘んじず、
そのポテンシャルを十分にワインに閉じ込める。
世界を沸かせた優良シャトーならではの、“アツイ”白ワインだ。



▼今回ご紹介したワインはこちら▼
2009年 シャトー・モン・ペラ・ブラン    3150円
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?shohincode=0101056823A9




0 件のコメント:

コメントを投稿