2013年9月30日月曜日

巧みな樽使い。ブレないワイン造りが生み出す秀逸なブルゴーニュ・ブラン。

かつて隠れた逸品として、ルーロのブルゴーニュ・ブランについて語ったのを覚えているだろうか。人には教えたくない、自分だけのとっておきの1本。

その美味しさを声を大にして言いたくなる半面、自分だけが知っている優越感に浸ることのできる特別な1本だ。

そんな心の奥で密かに楽しみに待っていたワインが、また一つ入荷した。

そのワインこそが、エティエンヌ・ソゼのブルゴーニュ・ブランだ。






















エティエンヌ・ソゼと聞けば、その名を知らない人はそう多くないであろう。
かの有名なブルゴーニュの造り手ルフレーヴと双璧をなす、ピュリニー・モンラッシェの名手として知られている。

モンラッシェをはじめ、シュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェ、ビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェの4つのグラン・クリュ、さらにはピュリニー・モンラッシェの9つのプルミエ・クリュ、そしてその村名ワイン、ACブルゴーニュを含む全16銘柄を生産している。




















150年前からブドウ栽培と菜園業を営んでいた歴史ある旧家であり、今やピュリニー・モンラッシェの名手としてその名を世界に馳せるエティエンヌ・ソゼであるが、その歴史は決して順風満帆ではなかった。

年々順調に畑を拡大し、戦後には12ha余りを所有するようになったエティエンヌ・ソゼであったが、1991年の相続問題に伴い、ドメーヌの所有するブドウ畑の大きさは3分の1に減少。減少した生産量をまかなうためには、信頼できるブドウ農家からブドウを買い付ける必要があり、そのため、「ドメーヌ」のとしての看板を下ろさざるを得なくなってしまったのだ。



ブドウを買い付けているとはいえ、その管理は徹底している。
ほとんどを果実の状態で購入し、自らのドメーヌ内で醸造から出荷まで全て目の届く範囲で行い、本当に満足できる質の高いブドウだけを使うことにこだわり、ドメーヌ時代と変わらない硬派なワイン造りを行っている。

そんなエティエンヌ・ソゼの努力の甲斐があり、我々は今も尚、昔変わらぬソゼの味わいを楽しむことができる。

ソゼのワインの特徴は、なんと言ってその巧みな新樽使いにある。新樽の使用率は、グラン・クリュ50%、プルミエ・クリュ33%、その他は25%以内と明確に新樽を使い分けている。












 
そして、驚くべきことに、ソゼのワインはブルゴーニュ・ブランにおいても、新樽が使われているのだ。ブルゴーニュの多くのドメーヌが、A.C.ブルゴーニュクラスのワインをステンレスタンクのみで造ることが多い中、エティエンヌ・ソゼのブルゴーニュ・ブランのブドウは、3分の1はステンレスタンク、3分の2は木樽を使用して仕込まれる。そのうち新樽率は10%である。

エティエンヌ・ソゼは、ブルゴーニュ・ブランにまでも、これほどの手間をかけて造っているのだ。グラン・クリュからA.C.ブルゴーニュまで、ソゼ独特のスタイルを一貫しているから素晴らしい。


グラスに注ぐと、リンゴや白い花を思わせるフレッシュなアロアが可憐に広がる。
口に含むと、甘い蜜の香りと共に、しなやかな酸が心地よく喉を流れる。
主張しすぎない上品なミネラルと、ほのかに香る甘い樽の香り。
透明感溢れる美しい佇まいに、まるでピュリニー・モンラッシェを飲んでいるかのような、そんな錯覚さえ覚える。

もはや、このワインがピュリニー・モンラッシェかブルゴーニュ・ブランであるかは、私には、さほど問題ではないのである。エティエンヌ・ソゼが逆境に合いながらも、守り抜いたこだわりのワイン造り、その賜物こそがこのワインなのだ。


『心から美味しいと思えるワイン』


同じワインを愛する同胞として、
是非一度、このワインを手にとって頂きたいと切に願う。



▼今回ご紹介したワインはこちら▼
2011年ブルゴーニュ・ブラン / エティエンヌ・ソゼ 3,990


0 件のコメント:

コメントを投稿