2013年12月30日月曜日

20年の時を経て、色褪せぬ輝きを放つ魅惑のシャトー、グリュオ・ラローズ。




何ごとも、若ければ若いほど良いとは限らない。

人間、特に我々日本人は「若さ」がある一種の特権のように
使われることがあるが、欧米では「年を重ねた美しさ」を重視する傾向にある。

「若い=未熟」であり、「年を重ねる=様々な経験により魅力を増す」と考えられている。

私は、この欧米の価値観に同調する。
このことを最も身近に感じることができるのは、やはりワインの存在であろう。

若さ(フレッシュさ)を売りにしたワインが多く存在することは事実であるが、
ワインそのものの本質に迫った時、最大の魅力は「年を重ねること」、
つまり「熟成」にあるのではないかと私は思う。

そして、この事実を証明するに相応しいワインが、ここに存在する。

その名も『シャトー・グリュオ・ラローズ 1993年』。






シャトー・レオヴィル・ラスカーズやシャトー・レオヴィル・ポワフェレなど、
人気の高い格付けシャトーがひしめくサン・ジュリアンの中でも、
ひと際輝きを放つシャトー、グリュオ・ラローズ。
















1級シャトーや、レオヴィル・ラスカーズのような華やかさはないものの、
サン・ジュリアンのテロワールを余すことなく表現しており、
どのヴィンテージも安定したクオリティを誇る、信頼のおけるシャトーとして、
長年ボルドーファンから愛されてきた。

ラベルに記されている、“LE VEN DES ROIS  LE ROI DES VIN” 「王のワイン、ワインの王」
という言葉は、1778 年に死去した初代オーナー、グリュオ氏の娘婿であり、シャトーを引き継いだジョセフ・セバスチャン・ド・ラ・ローズ氏が名付けたものである。
上流階級の社交界において、グリュオ・ラローズを人々に紹介するためのスローガンであったと言われている。

ラローズ氏の社交界での活躍もあり、グリュオ・ラローズは、
各国の宮廷や貴族たちの間で人気を集め、
1855年の格付け当時は、1級シャトーに次いで高い価格で取引されていた。

















グリュオ・ラローズの最大の魅力は、その力強さとフィネスのバランス、
そしてなんと言っても、長期熟成に耐えうる長命さである。

熟成を経るごとに、肉厚で濃厚な果実味はビロードのようなキメ細かさのある
なめらかな舌触りへと変化する。
硬質な酸は、緊張が解れたかのようにエレガントさを帯び、
豊かなタンニンは、甘みを帯びた穏やかな余韻へと導いてくれる。

“ワインの王”の名に値する貫禄を感じさせる、余裕のある熟成感。
まさに長い歳月をかけてこそ、その真価を発揮する、驚くべきシャトーである。

 














そして、1993年ヴィンテージ。
来年、20年の熟成を迎える記念すべきヴィンテージだ。

ローズマリー、タイムの香りに白コショウのスパイス。
燻したハーブ、オリーヴに土やトリュフの香り。
グラスに注いだその時から、20年の歳月が次から次へと姿を現す。

煮詰めたカシスやチェリーを思わせる赤系果実のアロマと、
角の取れたしなやかなタンニンが見事に調和する。
複雑に絡み合うアロマが、我々の想像力を掻き立てる。
この20年、どのように過ごしてきたのだろうか。
じっと静かに眠っていたのか、はたまた荒れた時もあったのであろうか。

そうこう想像力を働かせているうちに、
穏やかな果実味が、うっとりするような心地よい余韻へと導いてくれる。

20年の時を経てもなお、色褪せない美しさ。
むしろ20年の月日があったからこそ、今の輝きを放っているのかもしれない。

若いヴィンテージでは味わうことのできない、熟成ワインの醍醐味。

20年苦楽を共にした、愛すべき人と味わいたい、実に奥深い1本である。


▼今回ご紹介したワインはこちら
1993年 シャトー・グリュオ・ラローズ    15,750円
                             







0 件のコメント:

コメントを投稿