2014年3月31日月曜日

春の訪れを愉しむ、ロマンティックなロゼ・シャンパーニュ「ルイ・ロデレール」

辺り一面雪で覆われ銀世界となっていた季節から一転、
暖かい日差しが心地よく、時間の流れが穏やかに感じる、
そんな季節が巡ってきた。

まるで、色彩を取り戻したかの如く鮮やかに彩られる春。
とりわけ、あの淡く美しい“サクラ色”に我々日本人が心動かされるのは、
日本人独特の国民性であろう。

そして、我々ワインラヴァーとしては、
‘サクラ色’、つまりは‘ロゼワイン’に、
美しい春の情景を重ねるのかもしれない。

そんな心に沸き上がる‘春が訪れた喜び’に大いに応えてくれる
ロゼシャンパーニュがある。
贅沢な仕上がりで、ロマンティックと表される
「ルイ・ロデレール ブリュット・ヴィンテージ・ロゼ」。



ルイ・ロデレールは、
今や真のワインラヴァーが愛してやまないシャンパーニュ・メゾンの一つである。
クオリティへの飽くなき追求のために利益優先の企業形態をとらず、
1776年の創業当時から2世紀にも渡り、
一貫して家族経営を続けている稀なグラン・メゾン。

醸造に必要とするブドウの7580%を自社畑からまかなっており、
シャンパーニュ地方随一の“自社畑200ha以上”を所有している。
これは、他のシャンパーニュメゾンが、
多くの買い付けのブドウを使っていることからみても、非常に例外的である。















自社畑を所有するということは、
ブドウの栽培から徹底した手入れが必要となるが、
質の良いブドウを手に入れる為に、
彼らはそこに労を惜しむことはない。

このブリュット・ヴィンテージ・ロゼは、
自社畑の中から厳選されたその年最良のブドウを使用し、
品種はピノ・ノワール66%、シャルドネ34%。
ルイ・ロデレールの代名詞である彼らの偉大なるトップキュヴェ、
クリスタル・ロゼと同じアッサンブラージュ、
クリスタルのエッセンスを感じる、なんとも贅沢な造りなのである。


先ず我々の心を惹き付けるのは、
その淡く美しい色。

ピノ・ノワールのブドウを皮ごと漬けて色を抽出し発酵させる
セニエ法という技術を使用し、
プレスをする前に約58日間かけてゆっくりと色を出す。

この製法には、濃厚で香りの強い、かつ最高のブドウが必要となる為、
アンボネイ村、ブジー村などの特級村に決して負けないピノ・ノワール造り出す、
キュミエール村の力強い味わいを生み出すブドウを使用しているそうだ。




平均4年以上の熟成の後、澱引きをして、更に6ヶ月間熟成。
こうして淡く美しいサーモンピンク色と、
しっかりしたストラクチャーとを兼ね揃えるシャンパーニュが出来上がるのだ。

ルイ・ロデレール社の副社長ミッシェル・ジャノー氏は
このシャンパーニュのことを

『とてもロマンティックで詩的である。白ワインと赤ワインを混ぜて造るロゼとは違い、セニエ法で造られるロゼは濃厚なので毎日だと飽きてしまうが、週に2回くらいは会いたい人。』
と表している。






















ロマンティックと例えられ、なんとも贅沢な仕上がりのこのシャンパーニュ。
春の麗らかな陽気に包まれながら、飲んでみるとしよう。























グラスに耳を近づけてみると、実に可愛らしいささやきが聞こえてくる。
黒スグリやブラックベリーがハチミツの様な甘い要素と共に香り、
柔らかいその甘美な芳香が、しばし時を忘れさせる。

口に含むと、細やかな泡が口の中ではじけるように舌をくすぐる。
酸味と泡の刺激が舌先から口の奥にかけて感触を与え、
喉にさっと、温かみを残し消えていく。

美しい色合い、洗練された香り、繊細な泡立ち、
その全てがバランス良く洗練され、
春の訪れを喜ぶのに相応しい高揚感をもたらす・・・

咲き誇る桜を連想させ、我々日本人の心を揺さぶるロゼ・シャンパーニュ。
今日はこのワインラヴァーを魅了して止まない、
職人のこだわりが詰まった
ロマンティックで贅沢なロゼシャンパーニュを飲みながら、
春の訪れを大いに愉しむとしよう。


▼今回ご紹介したワインはこちら▼
2008年 ルイ・ロデレール・ブリュット・ヴィンテージ・ロゼ /ルイ・ロデレール
10,000円税抜 

0 件のコメント:

コメントを投稿