2014年6月4日水曜日

グラスの先に意思を伝える「カステッロ・ディ・アマ」



誰しも耳にしたことがあるであろうワインの銘醸地、キャンティ・クラシコ。
その名を聞き、「安ワイン」と想像するのは一昔前のことだ。
現在では数々のワイナリーが、高品質のキャンティ・クラシコを生み出している。
そのキャンティ・クラシコの地位を復活させた偉大なるワイナリー、カステッロ・ディ・アマ。




そしてその立役者であり、現在も最高峰のキャンティ・クラシコを手掛ける人物が、
栽培・醸造責任者であるマルコ・パランティ氏、その人である。
























1980年代初頭に街中で安酒として振舞われていたのは、
すぐオレンジ褐色に変わり、熟成能力を持たないキャンティ・クラシコであった。

キャンティ・クラシコの土地を愛するマルコ氏はその事実を嘆じ
5年経過しても美味しく飲めるキャンティ・クラシコを造ること」を目標に掲げ
1982
年よりカステッロ・ディ・アマでワインを手掛け始めた。

アマのワイナリーは標高約500メートルと、
キャンティ地区では最も高い丘陵地帯に位置している。
土地がなだらかに傾斜していることで日当たりや土壌が場所ごとに異なる為、
アマの所有する土地の中でも様々な個性をもつテロワールが存在していた。

















その個性を活かすためにマルコ氏は従来のキャンティ地区では考えられなかった、
ブルゴーニュのクリュの概念を取り入れたのだった。
ブドウは有機栽培し、収穫量を50%減らす英断をし、より良いブドウのみを選別する。
発酵には自然酵母のみを使用するなど、
テロワールを最大限表現することに心血を注いだ。

そうして品質を劇的に向上させ、リリースした単一畑もののキャンティ・クラシコは、
5
年どころか、30年以上熟成能力をもつ偉大なワインとなった。
この単一畑のワインは、ベラヴィスタ、ラ・カズッチャという畑から
ブドウの出来が良い年のみに極めて少量生産される、
まさにキャンティ・クラシコの歴史を変えたと言っても過言ではない銘品である。

あくまでキャンティ・クラシコにこだわり続けるマルコ氏が次に掲げた目標は、
「フラッグシップであるキャンティ・クラシコを多くの人々に提供すること」。
本当に適した畑にのみサンジョヴェーゼを残し、
冬の剪定から収穫時のブドウの選別までを厳しくした結果、
キャンティ・クラシコそのものの品質を上げることに成功。
畑名の付かない高品質なキャンティ・クラシコを96年ヴィンテージからリリースしている。



そのマルコ氏が信念として掲げているのは
『グラスの先にアマの意思が伝わるワインを造ること』。
単に美味しいだけのワインであればたくさんあるが、魂を感じないワインでは意味がない。
アマの魂とはテロワールであり、そのテロワールを最大限表現し、飲み手に伝える。
それこそが自身の使命であると語った。


今まさに、そんな彼の強い想いを感じるのに相応しいワインがある。
「カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラシコ 2004年」。
キャンティ・クラシコという有名なD.O.C.G にありながら、
その名に頼らず自身のスタイルと品質で勝負したいという熱い想いで、
ラベルにはキャンティ・クラシコの文字よりも、ワイナリー名が大きく書かれている。



























畑の面積からいえば年間45万本造ることができるところを、
実際の生産量はその半分以下の1520万本。
これは本当に良いブドウだけを使い、
収穫量を低く抑えてワインを造っているからこそ。
更にこの2004年ヴィンテージは、
イタリア全土が天候に恵まれた文句なしのグレートヴィンテージだ。
通常のキャンティ・クラシコの概念を超越する、
10
年の熟成を経たキャンティ・クラシコとは一体どんな味わいなのか。
貫禄さえ感じる堂々たるこの1本を、心して飲んでみることにしよう。

























グラスに注ぐと透明感のあるルビー色。
10
年の熟成を経ているとは思えない程美しい輝きを放つ。
そこから溢れ出るのは赤系果実やすみれの花を思わせる華やかで複雑なアロマ。
口に含むと細やかな酸と、熟した果実味が綺麗に口中に広がり、私を心地よい余韻へと導く。
ブルゴーニュワインを思わせるような繊細さがありつつも1本芯が通っていて、
その真摯な造りに飲む程に胸が熱くなるような感銘を受ける。

『グラスの先にアマの意思が伝わるワイン』まさにその言葉が相応しい感動的な1本であった。


▼今回ご紹介したワインはこちら▼

http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?shohincode=0450302813A4&bunner_id=wn33



0 件のコメント:

コメントを投稿