2014年7月6日日曜日

躍進し続けるイタリアの奇跡「ベラヴィスタ」


北イタリア、ロンバルディア州。
ミラノの東80キロに位置する優美なイゼオ湖の南に広がるなだらかな丘陵地帯、
この辺りが、
「イタリアのシャンパーニュ」
とも呼ばれるフランチャコルタ地方だ。

DOCGフランチャコルタは、
フランスのシャンパーニュに代表される
メトド・クラッシコ(瓶内二次発酵による製法)で作られるスパークリングワインで、
他にこの製法が原産地呼称の規定となっているのは、
スペインのカヴァだけである。

現在、イタリアのメトド・クラッシコによる全スパークリングワインが
半分近くを占めるフランチャコルタ地方だが、
歴史は新しく、1960年代初頭に始まる。
僅か50年で世界的名声を得るまでになったその成長物語は
“イタリアの奇跡”と讃えられている。

そのフランチャコルタの華麗なる躍進の立役者で、
巨匠と称されるワイナリーがある。

その名も「ベラヴィスタ」。
イタリア語で“美しい眺め”を意味する
















オーナーのヴィットリオ・モレッティ氏は
元々優れた工業建設業者として名をはせる成功者であり、
1970年代からフランチャコルタの地でスパークリングワインを手掛けている。





















ワイナリーはイゼオ湖に近い所に位置し、
非常に水はけの良い氷堆石の土壌。気候も素晴らしく、
アルプス山脈の冷気がカモニカ谷を経てイゼオ湖に流れ込むため、
日照に恵まれているにも関わらず、夏も適度な気温を保つ。
かつ夜は気温が下がるので、ブドウのアロマ形成に非常に良い効果をもたらすのだ。

彼はまず、その恵まれた地で出来るだけ多くの場所に畑を得ることにした。
天候不順によるリスクを回避し、様々な個性を組み合わせることで
複雑で奥行きのある味を出す為だ。
現在では、ベラヴィスタは自社畑と契約畑を合わせて200ヘクタール、
10の村に100余りの区画を所有している。

















そのほとんどが南向き、かつ平均樹齢19年のブドウの樹で、 
地中深く張った根が土中の成分を十分に吸い上げる。
これによりブドウにベラヴィスタ独特の醸造方法
「樽発酵、樽熟成」に耐え得る力強さが備わるのだ。

DOCGフランチャコルタの規定では、最低18ヵ月の瓶内熟成を経れば良いところ、
ベラヴィスタでは最低48ヵ月の歳月がかけられる。
その後リザーヴワインをブレンドする際に、
スタンダードクラスでさえ
セラーに並ぶ約1200の樽から30種類を選び、
過去36ヵ月~48ヵ月年のものをブレンド、
更に36ヵ月間に渡る熟成を経てリリースされる。

フランチャコルタの概念を超える手間と時間がそこにはかけられているのだ。










そうして生みだされる美泡はシャンパーニュと並び称されるほど高い品質を誇り、
1995年にフランチャコルタDOCG認定に貢献、
一躍その名を押し上げた。

ワイン評論家ロバート・パーカー氏からは、

「シャンパンと互角に戦える泡はベラヴィスタだ。
イタリアで今まで成し遂げなかった偉業を成し遂げた。」

と称賛されている。












そのイタリアの奇跡を生んだモレッティ氏が生み出す、
スタンダード・キュヴェにして「完璧な美泡」と賞される1本が、
『フランチャコルタ・キュヴェ・ブリュット』。
一体どんな味わいが愉しめるのか。
期待を胸に、飲んでみるとしよう。

 




















グラスに注ぐと、
力強く、しかしどこか可愛らしさを感じる可憐な泡がたつ。


そこから溢れ出るのはレモングラスのような爽やかさと、
洋ナシを思わせる甘やかなアロマ。
フランチャコルタらしい綺麗な果実味と
太陽の恩恵を存分に受けているブドウの自然な甘み、純粋さが感じられ、
ミネラルと酸味がバランス良く溶け込み、ワインとしての高い完成度を持つ。

数十年という短期間のうちに奇跡的な成功を遂げ、
時にシャンパーニュを凌駕するとさえ言われる
独自の味わいと市場を確立した、フランチャコルタ。
まさにその“イタリアの奇跡”を体感するに相応しい1本だ。




そのベラヴィスタに、最近新たなニュースが飛び込んできた。
全てのラインナップについて、
ボトル、パッケージデザインを一新するというのだ。




鮮やかな色彩を放つそのパッケージデザインは、
若い世代の人たちにも親しみをもってもらいたいという願いや、
どこから見ても、一目でべラヴィスタということが分かる、
独自性を表したいという想いが込められているそう。
それは、揺るぎない地位を確立した
ベラヴィスタの自信の表れとも言えるかもしれない。


留まることを知らず、
躍進し続けるその姿勢に敬意を払い、
「完璧な美泡」を愉しむとしよう。



▼今回ご紹介したワインはこちら▼
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?codehead=&shohincode=046123962300&bunner_id=wn35

※新デザインのフランチャコルタは、近日販売予定です。